アジサイを襲う病害虫【丁寧な育て方と適切な対策が必須】

植物に忍び寄る病害虫

自然界で育つ植物にとって、病害虫から完全に隔離することが不可能に近いです。どんな植物であっても、病害虫による病気に気を付けなければなりません。

病害虫対策をしたアジサイとしていないアジサイを比較

葉の色が異なります

病害虫はアジサイの葉につきやすく、葉の色に大きな差が出ます。病害虫対策をしないと、葉の色は黄色に近い色になってしまうこともあります。

元気な花を咲かせるために

病害虫によって病気にかかってしまうと、養分が花に十分に行き渡らなくなってしまいます。元気な花を咲かせるためには病害虫対策は必須です。

アジサイを襲う病害虫【丁寧な育て方と適切な対策が必須】

紫陽花

アブラムシやダニ類に要注意

アブラムシやダニ類は、アジサイの葉について葉を茶色に変色させます。その結果、アジサイの葉が落ちてしまうことにつながります。もしハダニなどが葉についていたら、酢を薄めた液体を霧吹きで吹きかけることで退治できます。

長靴

かかりやすい病気を知っておこう

アジサイがかかりやすい病気に、黒点病やうどんこ病があります。黒点病にかかると、その名の通り葉に黒色の斑点が出て落葉します。うどんこ病では、葉や花がうどん粉をまぶしたように白くなってしまう症状が現れます。

園芸用品

病気の予防法を試してみる

アジサイの病気は、湿度が高すぎたり雑菌が多すぎたりする場合に発症します。そのため、適度な湿度と殺菌が病気の予防法として最適とされています。アジサイに殺菌剤を定期的に散布するようにして、雑菌を殺すようにしましょう。

ウーマン

風通しの良さも確認

人間が病気にかからないようにするのと同様に、アジサイも風通しの良い状態にしておくことで病気にかかりづらくなります。定期的に剪定することで、アジサイの葉や茎がそれぞれ風にあたりやすくすることで病気予防が可能です。

手をかければきちんと応えてくれる

アジサイは病気にかかりにくい植物と言われています。手間を惜しまず丁寧な育て方を心がけることで、きれいな花を咲かせてくれるでしょう。

広告募集中